薄毛の原因とシャンプーの関係性

薄毛の原因には、 頭皮の汚れ・遺伝・男性ホルモン・ストレス・栄養不足・過度なヘアケア・飲酒・喫煙・睡眠不足・運動不足など、様々な要因 が挙げられますが、基本的には、食生活や生活習慣の乱れが原因とされることが多いです。


例として多くあげられるのが、現代社会のストレスや、不規則な生活、暴飲暴食です。 このような生活習慣は、確実といっていいほど、薄毛の原因となるでしょう。


また、毎日のシャンプーとその時のケアは、最も大切です。正しいシャンプーを選び、正しいケアを行う必要があります。
過剰に分泌された皮脂や、フケは、毛穴に詰まりやすく、きちんと取り除かないと、汚れが蓄積し、やがて、頭皮炎症を起こす可能性があります。
そして、頭部の炎症は、頭皮だけでなく、毛根にも影響を及ぼすため、発毛力が落ち、抜け毛や薄毛の原因になります。
一度、炎症が起こると完治するのも大変になります。十分に注意しなければなりません。


では、どんなシャンプーを選べばよいのでしょうか。
シャンプーは、使っている洗浄分によって、大きく3つに分かれています。
それぞれの特徴は下記の通りです。


  • 高級アルコール系シャンプー
  • 高級アルコール系の界面活性剤には、刺激性の強いものが多く、また、洗浄力も強すぎるので、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるとうところが難点です。


  • 石けん系シャンプー
  • 界面活性剤に、石けん成分・石けん素地を使用しています。
    洗浄力は強いのですが、低刺激なので、特に、脂性肌の人に適したシャンプーです。
    しかし、石けん成分がアルカリ性のものが多いので、洗髪の際に、キューティクルが毛羽立ち、洗い上がりの髪がきしんだり、ゴワついたりするのが欠点です。


  • アミノ酸系シャンプー
  • 人の体を構成している、髪や頭皮に良いとされるアミノ酸を界面活性剤に使用しています。
    石けん系シャンプーより、さらに低刺激なシャンプーなので、乾燥肌や敏感肌など、肌の弱い人でも安心して使うことができます。
    洗浄力も強すぎることがなく、毛穴の汚れをしっかり除去しつつ、必要な皮脂は流さないという良い機能を持ったシャンプーです。
    また、アミノ酸は頭皮や毛髪に栄養を与え、健康な環境を作り上げます。


    薄毛 症状に悩んでいる人は、既に、頭皮の何らかのトラブルを抱えているため、そこに、追い討ちをかけるような刺激の強いシャンプーを使うのは避けましょう。
    だから、アミノ酸系シャンプーは、頭皮の汚れのみをうまく除去し、必要な皮脂は残すという選択洗浄ができるタイプなので、最も画期的かつ、効率の良いシャンプーなのです。